美容

大人女子が目指すべき「嗜むメイク」基本のアイメイク編

プールに行く女性
プールに行く女性

アラサーに突入してからの「嗜むメイク」、一番のカギとなるのは、アイメイクです。
今回はそんな大人アイメイクの基本を記事にしました。
この歳になったからこそ、正しい知識を身に着けましょう。

大人アイメイクはベージュ系で作る

・アイホール全体にはベージュ系のハイライトカラーアイシャドウを塗ります。チップではなく、専用ブラシで薄く乗せましょう。パール粒子が入ったものは目が明るく見えるので良いですが、粒の大きいラメが入ったものはやめましょう。
・ダークブラウンのアイシャドウを目の際に引きます。この時はチップで丁寧に引きます。力を入れすぎると摩擦で肌に負担がかかるので注意しましょう。
・下瞼には、目頭がハイライトカラー、目尻がダークカラーになるように、チップでグラデージョンを描きます。ダークカラーも濃くする必要はありません。

まつ毛はカールではなく長さで見せる

・20代前半では、目力を意識してボリューム効果やカール効果のあるマスカラを使っていた人も多いと思います。20代後半からは、今までとは違いロングタイプを選びましょう。重ね塗りはNG。逆まつ毛でなければ、ビューラーなしでさっとマスカラを塗るだけでも、目を伏せた時に色気が出て良いですね。
・美容液配合のマスカラを選びましょう。まつ毛も過度のダメージを受けると、抜けてしまったり、目元が荒れてしまったりします。
・まつ毛コームでだまをなくしましょう。ボリュームタイプと違って、ロングタイプだとだまやムラが目立ってしまいます。地まつ毛になじませるためにも、マスカラを塗ったらすぐコームを通して、長く美しいまつ毛を目指しましょう。

アイラインはぼかす

・ブラウン系のアイライナーを使います。ぴっちり太く引くと若作りのようで浮いてしまうので気を付けてください。ペンシルタイプを使ってぼかすと良いでしょう。
・ラメが少ないダークブラウンなどのアイシャドウでラインを引くのも手です。この場合は崩れやすいので、こまめに鏡でチェックしましょう。
・アイラインを引かない人も多いですが、30代に差し掛かると、アイラインを引いた方がメリハリがついて綺麗に見えます。

以上3点、とにかくぱっちりメイクとは縁を切ることが大切です。
メイクをしていなくてもしているように見える顔の方もいますよね。

自分の顔にあったメイクを探すことは難しいですが、コンプレックスを隠すためにメイクを濃くしたり、カラーでごまかすことは非常に危険です。

ナチュラルさを心がけて、鏡と向き合ってみてください。